皮膚科医が推奨している、人気のドクターズコスメ、オーガニックコスメの化粧品を使用して、徹底比較しました!!

アップル先生の美の講座

アップル先生は、女性のさまざまな肌の悩みを、解決してくれる美容の先生ですっ!日本は四季がありますね、季節による肌悩みや肌トラブルの問題解決したり~♪今旬な美容の情報を伝えちゃったり♪時には、アップル先生の顔を切断したりし(笑)切断したアップルに美容成分を浸して、美容成分の効果効能(酸化など)を実験したりしていきます!

【アップル先生講座 No.4】 シミについてのQ&A

★まずは肌の仕組みをしり、シミができるメカニズムを知ろう!★

 

  Q.シミってなぜできるの?どうやってできるの?

apple_sum A.シミができる原因を知るために、まずは肌の仕組みをざっくり理解しよう!ちょっと難しいですが、わかりやすく紹介します!イラストを見ながらだとわかりやすいかも?!

hifu-kouzou

皮膚は私達の体の表面を、むらなくおおい紫外線などの刺激から、身体を守り湿度や温度の調整機能をはたしています。

一般に、皮膚と呼ばれている部分は,表皮と真皮の二つに分かれた構造になっていて、その厚みは0.4〜1.5ミリ程度です。

まず、表皮についてですが、その表面は角質層と呼ばれ、通常の皮膚細胞が角化の途中で、細胞核を失ったものです。これは硬いたんぱく質で出来た細胞で、ブロック状に何層も重なった構造になっています。(細胞の核が無いわけですから、死んだ細胞なのですが身体の一番外側で、皮膚を守る役割を果たしています。)

そして、皮脂腺から分泌される皮脂に、おおわれる事によって、皮膚にうるおいと滑らかさを与え、外部からの刺激を防いでいます。

表皮の一番下の基底層には、メラノサイト(色素細胞)が点在していて、紫外線を浴びると活発化して、メラニン色素を作り出します。つまり、日焼けのことです。

そして、この表皮全体は、基底層から角質層に向かって、20才代で約1ヶ月(28日)で、皮膚の再生が行われています。これを、ターンオーバーと呼んでいます。

次に、真皮の方は線維芽細胞という細胞から作られ、線維と基質(ヒアルロン酸)の両方からなる構造になっています。

線維は、主成分がエラスチンとコラーゲンから出来ていて、皮膚の弾力を保つため、真皮内で網状の構造でクッションの役割をはたしています。

基質は、線維の間に満たされた、水溶性のコラーゲン等の物質で、水分を保持して真皮内の水分を、一定に保つ構造になっています。

このように、表皮部分は外部からの刺激で傷付けられても大丈夫なように、ターンオーバー機能で皮膚を再生して、コラーゲンが主成分である真皮の方は、それを、支えるための水分や養分の補給をして、皮膚の弾力を保つ構造になっています。

  肌の仕組みをこんなに詳しく考えたことなかった(笑)
確かに、肌の仕組みを知ることで、シミがどうやってできるのか、ますます興味わいてきたー!!

 


 

  Q.大人は紫外線を浴びることで、シミができますが、子供がシミができないのはなぜ?羨ましい限り…(笑)

apple_sum A.子供はすり傷を作ってもすぐ治るような強い治癒力がある様に、肌のターンオーバーが正常だからです!!ターンオーバーとは、肌の『新陳代謝』、肌が新しく生まれ変わることを言います。

年齢を重ねると、シミが増えてきたり、ニキビが治りにくくなったり、くすみが目立ったりするのは、肌のターンオーバーが乱れてるからです。ターンオーバーは、肌の状態、個人差がありますが、平均して約28日間ほどで皮膚が生まれ変わると言われています。年齢にも影響を受け、10代では約20日、20代で28日、しかし60代となると約100日かかるといわれています。こんなにも差があると、歳を重ねるにつれて、シミが治りにくくなるのもわかりますよね。

img05

  シミができる構造?シミができる流れを詳しく知りたいです!!教えてアップル先生!!

apple_sum A.シミができるメカニズムとターンオーバーを、掘り下げて詳しく教えちゃいます!!!
シミは「メラニン」と呼ばれる色素の蓄積によって発生します。まず、皮膚が紫外線の刺激を受けると「メラノサイト」が活性化され、メラニンを生成します。このメラニンがメラノサイトから外に飛び出し、基底層の上に存在する「ケラチノサイト(角化細胞)」と呼ばれる細胞内に取り込まれます。
この細胞は、ターンオーバーによって徐々に皮膚の表面へと移動して行きます。そして、皮膚として十分に役割を果たすと、ケラチノサイトは「角質」としてはがれ落ち、新しい肌に生まれ変わります。しかし、このターンオーバーが乱れると、最終段階の「角質の剥離」が行われず、皮膚の表面に蓄積します。そしてメラニンが溜まってしまい、「シミ」として発生してしまうのです。

block03_chart

  ターンオーバーの乱れはなぜ起こるの?原因は?改善方法は?

apple_sum 肌のターンオーバーは生活習慣などの原因ですぐに乱れちゃいます。自分にあった方法を見つけよう!

ターンオーバーの乱れの原因になるのが、

  1. 皮脂の汚れや、落としきれていないメイク汚れ
  2. 食生活の乱れ(栄養不足や不摂生)
  3. ストレスや寝不足
  4. タバコや、アルコールなど、
  5. そして夏は特に紫外線です。

8-e1403057855207

正しいターンオーバーのため、無理のない、負担が少ないケアを心がけましょう。

  1. メイクや汚れはしっかりと落とし(やりすぎない程度のピーリングケアなど効果的)。
  2. 化粧水や保湿液などの外からのケアしっかり保水と保湿をしてあげて、肌のバリア機能をUPさせる。
  3. 食事によるビタミンやたんぱく質を積極的に摂り入れてみましょう。
    ビタミンA…にんじん、ほうれん草、かぼちゃ、小松菜
    ビタミンC…レモン、イチゴ、パプリカ、じゃがいも、
    ビタミンE…ナッツ類、うなぎ、いくら、たらこ、
    たんぱく質…肉類、魚介類、卵、大豆製品、乳製品
  4. 肌の生成が行える十分な睡眠時間(お肌のゴールデンタイム夜10時から深夜2時に睡眠をとるとよい)の確保。
  5. 寝る前の飲酒も厳禁! アルコールを分解するために、体内にある水分を大量に消費し、乱れやすくなる。
  6. 喫煙すると血管が縮まり、血液の流れが悪くなり栄養が肌にまで届きにくくなります。

ターンオーバーは約28日間(新しい細胞が角化細胞になってアカとして自然と剥がれ落ちる)なので、紫外線を浴びた後のケアが数日だけでは不十分というわけです。
シミの原因であるメラニンがきちんとはがれ落ちるためには、長期的な適切なケアは必要であり、紫外線が強い夏だけでなく、一年中、正しいターンオーバーが行われるような環境作りがとてもとても、必要です。